ファクタリングの使いどころ

ファクタリングと言うサービスは主に経営者が資金調達のために使用するものです。


ビジネスと言うものは業績が好調なタイミングであっても資金不足に陥ると言うことがあります。



大企業になるとそれほど顕著ではありませんが、成長過程にある企業においては好調であるがゆえに資金不足に陥ると言うことがあるのです。

このような局面を乗り切るためには銀行などから融資を得て対応するというのが一般的です。

しかしながら何かしらの理由により銀行からの資金調達ができない場合においては、別の方法で資金調達をしなければならなくなります。



そのための手段として選択されることがあるのがファクタリングなのです。

この方法を知っているか知っていないかにより傾斜の資金調達能力には違いが生じると言えるでしょう。

ファクタリングは融資ではありません。

お金を借りるのではなく手持ちの資産を得ることによって資金調達をする方法のことを意味しています。
このサービスで売却することになるのは売掛債権です。
商品やサービスを提供しており、近い将来入金予定の権利を売却することにより今すぐ資金調達すると言うことができるのがファクタリングの仕組みです。このような方法を使ってでも資金調達をしなければならない局面において、非常に有力な方法であると言えるのです。

お金を受け取る権利の売買になりますので、一定の手数料が必要になるのが一般的です。


ある程度資産の目減りを避けることができないものの、今すぐ現金を入手することができると言う点において魅力的な選択肢となっています。