ファクタリングを利用すると相手に知られるか

ファクタリングと呼ばれるサービスは経営者の資金調達の方法として使われることがあります。

その中身は売掛債権を売却することによりすぐに現金を調達することができると言う点にあります。


つまり近い将来に受け取るお金の権利を売却するのです。

このようなファクタリングを利用すると言う事はそれ自体が資金繰りに苦労していると言うことを相手に示すことになります。このことはファクタリング業者には知られずに対応したいと考えるのがほとんどの経営者であると言えますが、そのようなことはできるのでしょうか。

結論から言えば契約次第ではそのような仕組みも実現可能であるといえます。
このような仕組みを二社間ファクタリングと呼びます。売掛債権の相手先業者を含まずに自分の会社とファクタリング業者の2者間で契約を完結すると言うのがこの仕組みの根本的な部分であると言えるでしょう。



このような契約をすることによって対外的には知られることなくサービスを利用することができます。

しかしながら業者にとってはリスクが高まるものであると言う特徴がありますのでその分は手数料として負担する必要があると言えるでしょう。



そのため最終的にはコストに見合うかどうかの検討をしなければなりません。

このような仕組みであると言う事はあらかじめ十分に理解しておかなければ対応することが難しいと言えるでしょう。

契約形式にも様々な方法がありますのでどのようにしたいのかということを明確に決めた上で行動するようにしましょう。