ファクタリングはキャッシュフローの改善に有効

ファクタリングは未払金を早期に補填する新しい方法として注目されており、企業の経営において重要な要素であるキャッシュフローの改善に大きく貢献する方法として注目されています。一般的に企業間の取引においては商品を先に納入し、売買契約に基づく期間を持って代金を後で支払うと言う仕組みが多いのですが、商品と引き換えに現金で代金をもらう場合と異なり、帳簿上売り上げが成立しているのに対し現金が手元にないと言う状態が一定期間発生することになります。
そのため、この期間内に他社に対する現金での支払いが発生した場合、現金が足りずに支払いの行えないと言う事態を招く危険性があります。

これを避けるためには、現金を早く入手する方法を考慮することが大切です。



ファクタリングは金融会社が商品を販売した相手に代わって一時的にその代金を立て替えてくれる仕組みであり、その金融会社は後日販売相手から代金を徴収する権利を持つことになります。そのため商品を販売した側は、販売相手が代金を支払ってくれる期日を待たずに現金を入手できることになり、その間の支払いなどに対応することができるようになります。
ファクタリングは資金繰りを良好にするためによく利用されますが、金融から手数料の名目で売上額の一部を徴収されるため、総合的な利益としては少なくなってしまうと言う問題があります。



そのためその金額を十分に考慮しながら利用することが大切ですが、効果的に利用することでキャッシュフローを大幅に改善し、経営を健全に行うことができる非常に便利なシステムです。