ファクタリングとはどのような物か

ファクタリングとは、個人または企業が保有する売掛債権を買い取って、債務者に買い取った債権の返済を求める仕組みです。

債権を買い取る企業はどのように儲けるかというと、売掛債権を額よりも割り引いて債券保有者から購入します。
この割引率が金利相当分に当たり、買い取った企業は債務者に債権の返済を金利分を上乗せしないでしてもらいます。

ファクタリングには二種類あって、売掛債権を約束手形で保有している個人や企業は、約束手形を割引価格で買い取り企業に買い取ってもらいます。


買い取り企業は約束手形を手形発行人から期日に額面分の現金と交換してもらいます。



売掛債権保有者と買い取り企業が契約をしている場合は、売掛債権をそのまま買い取ってもらい、債券保有者は割引された金額の現金を受け取ります。

買い取り企業は売掛債権をそのまま債務者に返済してもらいます。

契約の場合は事務コストが削減できるメリットがあるが、割引率が一定で場合によっては不利な割引率になったり、他社に譲渡できないデメリットがあります。



ファクタリングは金融で融資を受けたくても、担保が無くて融資を受けられない場合によく使われます。



ただ信用が売掛債権側の企業で決まるので、いくら債権を売る側の企業の信用度が高くても、売掛債権側の企業の信用度が低ければ割引率が高くなったり、債権の買取りを断られる場合があります。
それでも資金を調達しやすいメリットがあるので、良い借入手段だと言えます。