ファクタリングのデメリットとは

先方の都合によって料金の支払いが先延ばしされている売掛金をファクタリング業者に買い取ってもらい、その買取金をキャッシュとして受け取るのがファクタリングの仕組みです。


これにより速やかにキャッシュを手にすることができる他、融資のように審査を受ける必要はない、あるいは返済や金利が不要であると言うのがファクタリングの大きなメリットです。



ただ反対に利用に際しては注意点、デメリットと言える部分もあります。

まずはファクタリングは、あくまでも将来的に入ってくるキャッシュを先取りしていると言う点です。



つまりこの仕組みを利用すれば、当然、将来的に入ってくるキャッシュの額は少なくなってしまいます。そのため計画的に利用しないと、どんどんと財政が悪化してしまったり、その再生に向けた計画を立てることすら難しくなってしまう恐れもあります。
それからファクタリングにおいては、手数料が必要になると言うのもデメリットです。どれくらいの手数料が必要なのかは業者などにより異なりますが、いずれにしても手数料を支払う以上は、手元に入ってくるキャッシュ額からその分の金額も差し引かれると言うことです。



そのため本来、手元に入ってくるキャッシュよりもその額が少なくなってしまうと言うのはデメリットとして挙げられます。

加えてこの仕組みにおいては、相手方の企業に説明し、同意をして得ることが必要です。

そのためその同意が得られるまでに時間を要した場合には、キャッシュが手元に入ってくるまでにも時間が必要となると言うのも、注意点として把握しておくべきです。