ファクタリングは最後の手段?

ファクタリングは最後の手段と言われています。

企業がお金を借りたいと思ったときにまず最初に検討するのは銀行融資となるでしょう。

経営状況が悪化してからだと銀行融資の審査には通らない傾向なので、経営状況が良好なうちに申し込みをしておくというのが1つのポイントです。


お金を借りる必要がなくても、将来のことを考えて低い金利で融資を受けておくという企業も存在するようです。

消費者金融でお金を借りたほうが、ファクタリングを利用するよりも手数料が節約できます。



同じファクタリングでも2社間なのか3社間なのかによって手数料は異なるので一概には言えませんが、平均すると消費者金融のほうがリスクを減らせるでしょう。
最近ではソーシャルレンディングといったサービスも登場しているので、新しいサービスにも目を向けてみましょう。


さまざまな方法を検討してみても問題が解決しない場合に、最後の手段としてファクタリングを検討してみましょう。



3社間ファクタリングでは取引先の企業に知られてしまうというデメリットがありますが、手数料を安くおさえることができます。



取引先の企業が倒産をしたとき、売掛金は回収できなくなりますが、そのリスクは一般的には業者が負っています。

しかし、償還請求権がついていると、利用者がリスクを負うことになります。
償還請求権を実行されてしまったら売掛金の分を全額請求されてしまうので注意をしておきましょう。

業者をしっかりと比較しておくことが重要です。