ファクタリングの仕組み

通常、サービスのやり取りにおいてはその対価としての料金の支払いはその場、その時で行われるのが基本です。

たとえば買い物を想像するとわかりやすいですが、買い物の際には商品を入手すると同時、その対価としての料金を支払う必要があります。



ですが現状としては、サービスの提供と、その対価としての料金の支払いに時差が発生することも少なくありません。



たとえば先方の都合によって料金の支払が先延ばしされたり、保険が関係している事業の場合は、他の事業所と合わせてまとめて保険金が支払われると言った具合です。
これは仕組み上、仕方のないことと言えるのですが、事業所にとってはキャッシュが入ってこない、それが入ってくるまでの時間すらしのぐことが難しいと言うようなこともあり得ます。

そこでこのような時差を解消するのがファクタリングの仕組みです。

ファクタリングにおいては、まずこの業者が、これを利用する事業所から売掛金を購入します。
売掛金と言うのは、サービス提供が終了しているにも関わらず、先方の都合によりその料金が支払われていない部分のことです。

そしてファクタリング業者が買い取ったその売掛金の料金を事業所に支払うことで、支払われていない料金を先払いすると言う流れです。

ファクタリングを利用した場合には、最短で2~3日、長い場合でも1週間程度で料金が支払われます。
そのためたとえば、公的介護保険における介護保険金の支払いであれば、そのために必要な2ヶ月と言う期間を短縮することができます。これは事業所にとっては非常にメリットがあることです。