ファクタリングとはどのようなサービスを指すのか

企業の事業資金調達には様々な方法があり、一般的に知られているものとしては、メインバンク等による融資があります。

ファクタリングは資金調達法の1つであり、簡単には、未回収の売掛金をファクタリング会社が買取ることで行われます。



一般的に企業取引においては現金払いではなく売掛によって行われることが多く、この場合、実際の代金の回収までにタイムラグが生じることになります。



企業に余裕資金が少ない場合や取引額が多い場合には、運転資金などで事業に影響が出ることも多く、ファンダリングは事前に現金化できることで大きなメリットを得ることができます。

ファクタリングの効果は事業資金の円滑化が最も大きく、手続きに関しても比較的簡単に行える特徴があります。


例えば、銀行の場合、与信枠があったとしても融資を受けるには稟議を通す必要があり、時間がかかることになります。

また、仮に手形割引依頼でも同様になり、新規取引などではさらにハードルが高くなります。



メリットには資金繰りの他にキャッシュフローを正常化できることも上げることができます。


形態として融資では無いために担保を必要とせず行うことができ、債権として売却をすることで賃借対照表のスリム化を図ることも可能となります。企業が事業を行う際に、稀に聞かれる言葉として黒字倒産があります。黒字倒産は、受注は順調であるものの買掛金が順調に入金されないために起こり、つまり、運転資金等の欠乏が大きな原因になります。


ファンだリングを活用することで黒字倒産を回避することができ、主な難点としては、手数料がかかることによる入金額の減少があります。