ファクタリングと銀行融資の違いについて

ファクタリングとは企業経営者等が資金調達のために使用する金融サービスの1つとして知られています。

これは銀行などから融資を受ける仕組みとは全く異なるものであり、通常の融資では資金調達がうまくいかない場合などに活用されることがあります。

これはお金を借りる融資ではなく、手元にある売掛債権を売却することによって資金調達をする全く異なる仕組みの資金調達法であるといえます。

売掛債権と言うのは商品やサービスを提供した後に発生する支払いを受ける権利のことをいいます。

企業対企業の取引の場合は契約書にそのような支払いの方法が明記されるケースが少なくありません。
まず最初に商品やサービスを納品してから、契約によって定める期日までに支払いをすると言う仕組みで成り立つものが多いのです。



そのためサービスや商品の提供から入金まで時間がかかることが少なくありません。



そのような期間、問題なく待つことができるのであれば良いのですが、待つことができない場合においては売掛債権を売却することで資金調達をしなければならない場合もありますこの時に利用するのがファクタリングなのです。

このようなファクタリングサービスは専門の業者が提供している仕組みです。それぞれの業者のルールに則って売掛債権の買取を行います。



それぞれのリスクに応じて手数料を取る形になりますので額面通りの入金を期待することはできません。


しかしながら資金調達をする方法としては1つの手段であるため経営者の中には知っている人が少なくないのです。